さきちゃそ さん

お久しぶりです。さきちゃそです☆


センター付近の連絡は、恐らくこれから受験の方のメールで混むと思い、報告が遅くなりました。


東大を目指して勉強していたものの、模試では一向に成績が上がらず、
試しに首都大学東京(旧:東京都立大学)の公募推薦を受けてみました。

倍率も高く、募集が4人だったので、どうせ落ちるだろうと思い、
センターの前に本物の受験を体験してみようか、というノリで受験してみました。
(因みに、内容は学科試験、口頭試問、面接です。)

焦りや、すがる気持ちもあったかもしれません。


すると、センター約一ヶ月前の日、
首都大学東京の掲示板には私の番号が載っていたのです!!


今思えば、東大を目指して勉強していたのだから、当然の事だったのかもしれません。

サトルさんには、その節で本当に本当に、お世話になりました。
本当にありがとうございました。

しかし、そんなサトルさんを裏切った気がしてなりません。
本来ならば、東大に合格することがサトルさんへの恩返しである、ということは充分承知しています。

私自身は、この大学に入れて、自分にしてはかなりよくやった方で、
正直に言えば、首都大クラスに合格できたこともサトルさんのお蔭様でした。本当に奇跡です。

しかし、この受験を通して、東大には到底及ばない、ここまでの自分だったのかな、という事にも気付いてしまいました。

サトルさんにきちんとした恩返しができなかった、ということが唯一の後悔です。


私は首都大学東京理学部化学科に進学し、分野もサトルさんと少し近いのかなーと思います。
大きく違う点は、東大レベルは別格、という点です。

メルマガの変更を機に、私はメルマガを取っていないので、
皆様が今どんな内容で盛り上がっているかはわかりません。

ここでこんな私が言うのもなんですが、目標に向かって勉強している東大受験生の方々、
受験を通して語れることは、私なんか以上に深いと思うのですが、
合格を目指して残りを大切に頑張って下さい。

受験が終わると、あっという間だった一日が結構長く感じると思います。


応援しています!





さきちゃそさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
首都大学東京合格おめでとうございます!
ぼくは何もしていないので恩返しなど必要ありません。
全てはさきちゃそさん自身の努力のおかげです。
首都大学東京理学部化学科はとても優秀なところです。
学会での発表や海外学術雑誌への投稿もたくさんあります。
理学の世界では、受験時の偏差値の高低は関係なくなります。
東大より首都大学東京のほうが優れた研究成果を出すこともあります。
大学生の間にどれだけ努力したかによって今後の人生が変わります。
ぜひこれからいっしょうけんめい勉強して学問をおさめてくださいね。
進む分野によってはもしかしたらぼくが書いた学術論文を目にすることも
あるかもしれませんが、そのときはどうぞ笑ってやってください(笑)
これから試験を受けるみなさんへの応援メッセージありがとうございました!
先輩大学生からのアドバイスはきっと全国のみなさんを勇気づけてくれます。
さきちゃそさんは一緒にがんばってきた仲間を思いやる優しい心を持っていますね。
大学合格は、新しい人生のスタート地点です。
勉強、運動、遊びなど色々な大学生活を経験して立派な大人になってくださいね!

« O さん | メイン | H さん »