K さん

お久しぶりです。
○○です。

センターの自己採点をしました。
結果は去年と比べると上がってるものが多いものの、思うように点数がとれませんでした。

英語、国語は最後の模試で7割近くまで行くようになっていたので、今回のセンターで5割をきってしまいびっくりしました。
親からは、宅浪したからだとか、あの時テレビを見ていたからだとか責められました。

それでめっちゃ泣きました。

センター過去問で1番できたときでもうすぐ全体が7割というところだったんですけど、その時は合格点には届いていないものの、自分でも今までで一番できたって思えたのをふと思いだし、それと今回は何が違うんやろ?って思ったら今回は自分で勉強できてないところが沢山出たからだ!って結論に至りました。
自己採点して怒られた直後はもう真っ白で勉強これからできんのかな、やっても私の頭じゃ無理なのかもとか思っていましたが、不思議と今日も勉強できました。
やることが明確になってちょっと晴れ晴れとしてます(* ̄∀ ̄ゞ

周りからは、この1年宅浪させるんじゃなかったなど言われてますが、宅浪したからサトルさんのサイトに出会い、こんな自分でも東大目指せるんだって思えたし、良かったです(o`∀´o)
なんか、来年は受かりそうな気がします。
周りから、非難された時悶々として時間ばかりが過ぎていくことが多かったのですが、最近立ち直りが早くなりました!良かったです!!

私大は、もう受けないので今からまた来年にむけて頑張ります♪
またメールします!





○○さんこんばんは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
センター試験2日間おつかれさまでした!
模試での結果が本番で出なかったのは残念ですが、それはテレビや宅浪のせいではないのでその点は心配する必要はありませんよ。
むしろ去年よりも上がっているということは確実に成長しているということですから、それこそ宅浪でがんばってきたおかげです。
そして現在も、目標を明確にして晴れ晴れとした気持ちで勉強ができているというのは非常に素晴らしいことです。
ぼくのところには全国からたくさんのお便りが寄せられるのですが、大きく分けて、この1年間の自分の受験勉強について満足している人と満足していない人がいます。
自分の1年に満足しているグループの人は、納得いく点数がとれた人は素直に喜び、納得いく点数がとれなくても前向きに次の目標に向かってすでにがんばっています。ちょうどいまの○○さんのように立派にがんばっている人たちです。
一方で、自分の1年に満足していないグループの人は、点数がとれた人も次はどうしようどうしようといって不安になっているし、点数がとれない人はまるでこの世の終わりかのように絶望して動けなくなっています。
自分の1年に満足しているグループの人には宅浪の人が多く、自分の1年に満足していないグループの人は予備校生が多いです。自分の行きたい大学のために自分で自分の人生をかけて勉強をするはずなのに、それを予備校という他者にまかせて「自分の受験」をしていないために、この1年間に満足することができず、深く後悔しています。
宅浪をして「自分の受験」がしっかりできていた○○さんのような自立した人はとても素晴らしいので、ぜひ誇りを持っていてくださいね。
大量の宣伝CMなどの影響で、受験のことをあまり知らない人には予備校に通うほうがいいと思われてしまっているのが残念なことですが、実際には、宅浪という学習形態こそが最も効率の高い勉強方法であることが既に専門家の間では常識になっています。時代遅れの画一教育ではなく、一人一人に合わせた個別の学習だからこそ、宅浪というものは、意欲があるだけどんどん成長していける道なのです。
すでにセンターで7割近くとれる実力を備えているのですから、この調子で伸ばしてゆけば合格はすぐそこです。
この1年間の経験を自信にしてがんばっていきましょう!

« べんべん さん | メイン | マカロニさんからKさんへ »