メルマガ・メイトの親 様

サトルさん、明けましておめでとうございます!
いつも素敵なメルマガを読んでるだけの父兄です。ありがとうござます。
今日は、Iさんのメールに感じるところがあり、返信しました。差し支えなければ、Iさんにお伝えいただければ嬉しいです。

Iさんの親御さんは、一見Iさんの実力を信じておらず、Iさんにとっては
辛い対応をされてるようです。ですが、これは親としてまともな心配の心理であり、更に、メールによりますと、
浪人もさせてもらえそうな雰囲気。嘆くにはそう当たらないと思うのです。

私の娘は私立J大志望で、一昨年に現役で受かりました。模試の点は足りていませんでしたが、
私は娘の合格を信じ込んで、1月から既に浮かれていました。根拠もないのに、軽薄な親です…。

というのも、私は自分の親で懲りているのです、親は私をバカだと決めつけ、浪人すらさせてもらえませんでした。
なので、娘にはそういう思いはさせたくなく、幸い塾の先生の評価が良かったので、娘の合格をすんなり信じたわけです。

ですから、Iさん。展望が甘い親も、考え物かもです。要は、自分次第じゃないでしょうか?
サトルさんのコメントにもあった通り、親は親なりに、いろいろな(不幸な?)経験の末、苦い未来を想定してるわけですから…。

私も甥っ子が、今年東大に二度目の挑戦です。去年は後期まで行きましたので、今年の模試の点は知りませんが、
私は合格を密かに信じ込んでいます。
Iさん、「絶対受からない」と言われるのも辛いでしょうが、「絶対受かる」と言われても、困るかもしれないですしね…(笑)。
どうか、親を責めず、思い切り実力を発揮してくださるよう、お祈りしています!!

メルマガ・メイトの親より





« みなみ さん | メイン | Y さん »