以前メールをさせてもらった者です。
的確な応援メールありがとうございました。
受験生の母です。

少し教えてください。
もう少しで受験本番なので 親としても頭が痛いところですが 独立心の強い子なの
で すべて 息子にまかしていますが もう数日で三者面談なので
悩むところがありまして メールさせてもらっております。

息子の学校も 一応この市の1番校で 某国立(旧帝大)に何十人が入学するか
常に 言っている学校です。
毎年 60~70人位入ります。
息子も始めから そのつもりでしたが 判定もいいし その国立受験組ではトップク
ラスです。

この受験真近になって 悩み始めています。
将来の夢が 生物系学芸員なのでその近くの国立よりもっと上の偏差値の学校
のほうが 自分のやりたい事ができると 先輩や大学の先生に聞いたりした為です。

そこで、今度の面談ですが 学校の大方針は 
1、ぶれるな
2、その某国立が受かる学力がある生徒は できるだけそこに行ってほしい。
という方針です。

親としては 今から 方向転換を頭の固い先生に告げるのは どうだろうかという事
今からで 上の偏差値の学校を狙って 大丈夫だろうか(こっちが1番不安)
の2点で 悩んでいます。

羽林先生はどう思われますか。
もし いいアドバイスがありましたら 教えてください。

勝手なお願いですみません。
この前のアドバイスで 部活命の息子も 帰宅部の友人たちより集中して
やったらしく すごく伸びてきました。
宜しく お願いいたします。





こんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
そのような進学校においてトップクラスだなんて本当に素晴らしいですね!
ご子息様には本物の実力がついていることと存じます。
そうではない普通の受験生の場合においても本人の意思を尊重するのが大切なのですが、
ご子息様におかれましては学力も高くかつ独立心旺盛とのことですからなおさら
ご本人の意思を最大限に尊重なさって頂くのがよろしいかと存じます。
ご家族のみなさまにはご子息様の意思をサポートしていただければと思います。
もちろん学校側の大人の事情はあると思いますが、受験生がそれを汲む必要はありません。
先生の将来ではなく自分自身の将来のために、受験生本人が進みたい道を進むことが最優先です。
万が一それを学校側が妨害するようなことがあれば、そこでご家族のかたが受験生側に立って応援するのが大切です。
ご家族のかたにとってはお子様が合格できるかどうかが大きな心配事であるのは承知いたしておりますが、
受験生本人にとっては、合格できるかどうかという安定性よりも、自分のやりたいことができるかどうかのほうが重要ですので、
偏差値を下げることを願いたくなるお気持ちをお抑えいただき、ご子息様を温かく見守ってあげて頂ければと思います。
先輩や大学の先生に聞いて主体的に情報収集をしていることからも非常に積極的で行動力があるように見受けられますので
本人の意思を尊重し応援することこそが最もお子様を伸ばすことにつながるかと存じます。

« O様より国立と私立の差について | メイン | »