サトルさん、こんにちは。
以前もメールさせてもらいました、未来です。
先日はどうもありがとうございました。

今回メールさせてもらったのは、いまわたしが困った状況にあるからです。

今、わたしの両親は、別居しています。もうすぐ1年になります。

わたしは1年間、朝ごはんとお弁当をつくり、学校・部活・夕食・家事などを毎日やってきました。家計の管理や弟の世話もです。

学校が遠いのもあって、家で勉強する時間は一時間ほど。

友人たちは、遊んだり塾にいったり自分のために時間を過ごしているのに、わたしは夕食を作らねばならない…

何より母の家出の理由が自己中心的なことが許せません。

けれどもわたしが今がんばれるのは、母のようになりたくないから。だから自分に厳しく厳しく、誰にも文句が言えないような女になろうと決めました。

それに、よく考えれば、自分でごはんを作ったり家事をこなしたりすることは、当たり前ですよね。

社会人ならば誰しも、働きながら家庭も支えねばならない。わたしは今3人ぶんやっていますが、それも大人になれば特別なことじゃない。

今までわたしは、自分のために学校へ行き、勉強をし、当たり前にお金をもらい、

《すみません。途中で送ってしまったので、続きです》
少しの家事をするだけでじゅうぶんに思っていました。…甘かったと思います。

わたしは毎日ヘトヘトになっていますが、父はもっと遅くまで、しかもお金を稼いでいるのです。

東大に入るには、学力しか必要ありません。それ以外は見てもらえない。

けれども社会は違うと思います。家庭を持ってこその一人前ですし、学力以外に必要な能力もたくさんある。

いま、人間らしい部分をさしおいて、学生という身分に甘んじて勉強や好きなことだけをやっていて、果たしてよいのでしょうか。

その他の大部分を親に支えられているようでは、その力は実力ではありません。

そう考えれば、親がどうとか、そんなのは関係ないし、悲観したがるのは馬鹿らしいと思いました。

私は親を言い訳にしたくない。だから成績もレギュラーも落としたくない。クラスの中心でいたい。恋人とも別れたくない。

そして気持ちを強く持てば、底力が発揮されるものです。辛いですが、いま人生において貴重な体験をしていると思います。

今なら、誰もが敵わないと思うような存在になれる気がするのです。





未来さんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
多くの同年代のお友達とは違って、とても大変な苦労をしなければならない環境でがんばっているというのはとても素晴らしいことですね。
なかなかお友達などには話すことのできない色々なつらいことがあると思います。
未来さんは人知れずずっとがんばってきたのですね。
そんな中でも希望を捨てないで目標を持ってがんばっているというのはすごいことだと思います。
未来さんはすでに十分にがんばっているので、もっとがんばらなければならないと思ってしまうと余計大変になってしまうかもしれませんから、もし疲れがたまってきたときはほんの少しの間でもいいので何か気分転換ができるといいですね。
あるいは、時間はとれなくても、たまにはのんびりしてもいいのかな?程度にふと思ってみるくらいに余裕が生まれたらさらにいいですね。
いずれにしてもこれまで一生懸命やってきたことは事実なのですから、将来必ず立派な大人になれますよ。

« | メイン | O様から栴さんへ »