羽林サトル様へ

こんばんは。以前にもメールしたことがあるとーやです。
前回はえらそうなことを書いて送った覚えがあるのですが(汗)、
今回は、今日のメールの「四落五落六落七当が正解」を読んで、
すごく不安になってしまいまして、メールさせて頂いている次第です。

というのも、最近の1日の平均睡眠時間が12時間を超えているのです。
どんなにアラームをかけても、親に頼んで起こしてもらっても、まったく起きないのです。
精神科には相変わらず通っていて、睡眠障害かもしれないといわれましたが、
治す手立てがありません。眠くて眠くて勉強がはかどりません。
模試を受けに行けば、いつもパニック状態になって途中退室してます。
「病気だから」って言うと、すごく言い訳みたいに思われそうな気がして怖いですが……。

病気を治すには何年もかかると言われました。
この病気を克服できなくても、わたしは行きたい大学(京大です)にいけるのでしょうか。
この睡眠時間と試験時のパニックは、どうすればいいんでしょうか。
最近ではもう受験は諦めないといけないんじゃないかと思ったりしてしまいます。
でもどうしても、京大以外には行きたくないと言っている自分がいます。
どうか助言を頂けないでしょうか。


とーや





とーやさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
メールマガジンの数字には意味はないので気にしないでだいじょうぶですよ!
言いたかったのは、適度な睡眠時間をとって健康になれば勉強がしやすいということです。
プロであるお医者様が睡眠障害とおっしゃるならばそうなのかもしれませんね。
ぼくの先輩で、睡眠時無呼吸症候群になって深い眠りが得られないので日中も眠くなってしまうという人がいましたが、そういうものかどうかを病院で調べてみるといいのではないでしょうか。
体の事は体の専門家であるお医者様にみてもらうのが一番いいと思います。
だれでも病気になることはありますので、それを自分のせいだといって責める必要はありませんし、病気を治しながら受験勉強を続けることもできますので、できる範囲でがんばっていきましょう。
どうしても京都大学にしか行きたくないという強い気持ちはとても素晴らしいです!
少し前にテレビドラマにもなりましたが、がんと戦いながら受験勉強をして東大に合格したという人もいますから、たとえ重い病気があってもそのせいで合格をあきらめなければいけないということはありません。
健康にするためにお医者様の助けを借りながら、自分でできる範囲で少しずつ受験勉強をやるようにしていけば、京都大学に合格することができますので、ぜひ前向きな気持ちで一歩一歩適度にがんばってみてくださいね。

« | メイン | »