サトルさんこんにちは、たびたびメールを送ってすみません。
理Ⅰに行きたくてしょうがない高3のクールです。

今日、駿台の方の東大模試が帰ってきたんですが
やはり、E判定(底辺の底辺)、そして、理科3点(物理0点)という、
現実を突きつけられました。

もう、救われません!国語の漢文古文の記述も全てはねられ
英作までも。学校の教師に東大のことなんて、口が裂けてもいえないので
、記述対策どうしよう...と(市販のじゃやっぱり無理なんでしょうか)。
やっぱり、強がって独学で目指そうなんて、甘かったんでしょうか。

あきらめたくはない、けど、浪人できない身。あとセンターまでも日が短い。
もうあきらめざるをえない、気がします。
弱気になってるんだったら、勉強しろ、まだ間に合う!と、今までは何とか
身を立たせてましたが、もう正直崩れそうです。自分を信じられなくもなってます。
たとえ、模試が自分の今の位置を示しているもので
気にするものではないといっても...

誰か「もう、あきらめなよ」、と言ってくれたら楽になりそうな気がするのに...。
それでも、これから先ずっと、執着する自分がいるんだろうと思います。
いったい、私はどうしたらいいんでしょうか。





クールさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
模試の判定は関係ないと頭ではわかっていても、気持ちの上ではなかなか簡単には納得できないものですよね。
全国の本当に数多くの受験生が、クールさんと全く同じように感じています。
以前に東大受験プロコーチの無料体験講義に来てくれたみなさんだって、D判定やC判定をとっていてもやはり東大受験を不安に感じる部分がないわけではありません。
実際にはE判定で合格している人も多数いますが、受験生本人がもうだめだと諦めている場合は決して受かることはありませんので、もうだめだという気持ちがなくなったときはまた東大を目指しましょう。
いまきっぱりと東大受験をやめることができれば一時的に楽になりますが、その代わりに将来にわたって後悔し続けることになるという事実もまた、多くの東大受験生にとっては、おのずとわかってしまうことですよね。
でも、どちらの人生が良いかは、人によって異なります。
あとで苦しんでも今楽なほうが幸せだと思う人もいれば、いま苦しんでもあとで楽になるほうが幸せだと思う人もいます。
クールさんにとって自分にとって幸せだと思えるほうを選べればいいですが、元気になって正常な判断ができるようになってからのほうがいいので、まずは一呼吸置いて、距離を取って心を静めてみるのが良いですよ。
それから元気になったら、成績表は見ないで、クールさん自身がどれだけ東大に行きたいのかをじっくり考えてみてくださいね。

« | メイン | 遥 さん »