サトルさんこんにちは!理一志望、高三のクールです。

只今、東大の試験の傾向と対策など、いろいろ東大の試験に関する
書物を読みまくっていて、無駄のある夏の勉強方針を立て直ししようと思ってます。
ちゃんと目的を持って勉強しないと、本気で危ういので(汗
そこで、相談というか...今の思いなんですが。

あ、その前に...昨日エチカ見ました!
サトルさんの一言に感激して、危うく42型液晶テレビを破壊するところでした(笑
素敵すぎだ!とベランダ側で叫んでました。

話は戻るのですが、その東大の試験の傾向を見て、自分にいま必要なことを
いろいろと書き出していると、憂鬱と言うか、なんか怖くなってくるんです...。
特に、英語の要約とか部分和訳とかテーマ作文とか...orz
それらを、どう勉強するのかわかないって言うのもありますが
特に、赤本の傾向と対策は難しそうなことをさらっと言っているということ。
(そう感じるだけ?)
理解力・思考力、的確な表現力って...なんすかっ!と半年じゃ...と。
その後も自分の受験教科を見てみると、
『感性の豊かさ、鋭さも求められている』とか
根拠のなかった自信が一気になくなりました。

東大って..こんなにも難しいんですか!

今は、見なきゃよかったなーとか思ったり。
いや、敵を知ったんだから...よかったんですよね。
落ち込んでても、やらなきゃしょうがないし。

試験問題は漢文だけ解いたりとか英語を少し見たぐらいで
傾向と対策を見たので、単なる先入観だよ、と思いたいのですが。
こりゃ、無理っす...。本当に、なぜだかわからないけど怖い!!!
さまざまな、テクニックを見せつけられたから?!

(剣道をやってたので、武道的な考えで申し訳ないのですが)
とりあえず、逃げる前に一度、敵に立ち向かってみたいと思います。
どんな奴等か把握しきれないかもしれないけれど...

では、長文失礼しましたm(__)m





クールさんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
エチカの鏡を見てもらえてとても嬉しいです。羽林由鶴も喜ぶと思います。
東大の赤本を見て大変そうだと感じてしまったということですね。
書籍というのはスペースが限られているので難解な抽象語を用いて記載されがちです。
だから難しそうと思うかもしれませんが、実際はみんなが普通にやっている勉強をすればいいということです。
いまは過去問題とはどのようなものかが大体わかるくらいでだいじょうぶですから、
これからは基本的な参考書を用いて勉強していきましょう。
剣道をやっていたということですね。
武道には直接何の役に立つのかよくわからない練習もあると思いますが、そういった基本の練習を重ねていくことで知らず知らずのうちに大切な動作が身に付いていきますね。
受験勉強も同じで、基礎を固めてゆくことで、最後には赤本の問題にも太刀打ちできるようになります。
ぜひこれからもがんばって、東大理1に立ち向かっていきましょう!

« | メイン | »