N さん

サトルさん初めまして。いつもメルマガをありがとうございます。
自分は新潟で宅浪をしている○○と申します。(メルマガで紹介される時は"N"でお願いします。)

私は宅浪で、某通信教育で東大理Ⅰを目指しているのですが、最近は本当に精神的に辛く、大学に行って楽しく過ごしている友人の話などを聞いたりして「何で自分はわざわざこんな大変な事をしているんだろう」「東大なんて目指す必要なんて無いんじゃないか」と思いかけていました。
宅浪だと周りに同じ東大を目指して走っているライバルの姿は見えません。毎日毎日独りで走り続けていると、自分がたった独り取り残されてしまったようで、本当に辛くなります。だから、東大までの長くて険しい道より、もっと楽な、平らな道に行ってしまおうかという気になってきてしまいます。。

でも実際は違うんです。目に見えないけど、本当は一万人近いライバル達が、東大に入ろうと今この瞬間だって全力で走り続けているんです。
Cさんの言葉、それにそれをメルマガに載せてくださったサトルさんのお陰で、「浪人をするのも辛いが、目指していたのと違う大学に進まなければならないというのも辛いんだ」ということに気付かされました。
自分は、やっぱり東大に行きたいです。まだ42.195kmのやっと半分くらいですが、ちょっとくらい周りに差をつけられていても構いません。人生でたった一度しかない東大受験というマラソンを、全力で走り抜いてみせます。


サトルさん、今日は本当に助けられました。ありがとうございました。これからもメルマガを楽しみにしています。





○○さんこんにちは、サトルです。
メールどうもありがとうございました。
そうですね、自宅で勉強しているとなかなか周りの受験生のことがわからないですよね。
でも実際はたくさんの人ががんばっているということに気がつけたというのは非常に素晴らしいことです。
こんなふうに見えない存在を想像できるというのはこれからの受験勉強でも大いに役立ってくれることでしょう。
志望校ではない学校に行かなければならない人の苦労は、受験生のうちにはわかりづらいことですが、
それを自らの体験から教えてくれたCさんのおかげで知ることができて良かったですね。
これからも東大理1合格を目指してがんばっていきましょう!

« | メイン | I さん »