羽林サトル様


こんにちわ。突然メールを送ってすみません。Sと申します。
私は、現在20代で、多浪の身です。
多浪と聞くと偏見の目で見られるかもしれませんが、それを承知で今回思い切ってメールを送らせていただきました。

私は、ある病気のために受験勉強に専念できず、その結果、浪人を重ねてしまい現在に至ります。
世間からは多浪はあまりいい目では見られないという認識は持っています。

最近までは、多浪であることはあまり気にしないよう、自分は自分と割り切るようにしようとしてきましたが、以前ネット上でたまたま、多浪に対する酷い書き込みを見てしまい、とても落ち込んでしまい、それ以来ネットをするのが怖くなりました。

人の事情も知らず、平気で酷い書き込みをする人は、絶対に許せないし、ものすごく怒りを感じます!!

好きで病気にかかる人などいないのと同じように、好きで多浪する人などいません。
(勉強もせず、遊んでばかりいながら何年も受験生やっているような人はまた別問題ですが…)


しかし、この書き込みを見てから、正直かなり落ち込みました。今ではネットは見ません。

本気で自分が嫌になり、自殺を考えたことも一度や二度ではありません。


今は、なんとか自殺は思いとどまり、
「過去のことは振り返らずに、もっと前を向いていこう」
と自分に何度も言い聞かせて日々勉強しています。

しかし、たまにものすごく落ち込み、自分が嫌になりどうしようもなくやるせないときがあります。

そんな時はどうすればいいでしょうか?

アドバイス、というか勇気をいただけたらうれしいです。





Sさんこんにちは、サトルです。メールどうもありがとうございました。
多浪の人は受験生時代のぼくの周りにも何人かいたし、東大に入った後に同じクラスになった人の中にもいましたし、いまメールマガジンを読んでお便りをくださるかたのなかにもたくさんいらっしゃるので、偏見などないし、ぜんぜん心配することはありませんよ。
ぼくだけではなくて、世間一般のほとんどの人だって、多浪だからといって何も気にしないと思います。それだけで偏見を持って差別するというのは一部の特別な人たちだけです。
そしてそういう一部の特殊な人というのは、どんな相手に対してでも難癖をつけてくるものです。多浪の人には「何年もかかってるからだめ」と言うし、現役の人には「人生経験がないからだめ」と言うし、合格した人にだって「学歴だけよくってもだめ」と、結局はだれにでも文句を言うものです。なので、そういう一部の特殊な人のことは気にしなくて平気ですよ。
それでも落ち込んでしまうことはだれにでもありますから、そういったときは好きなことをして楽しむのがいいですよ。たとえばぼくだったらガーデニングが好きなので草に水をあげて好きな事をして楽しんでいるうちに、気分が明るくなってきます。
遊んだり楽しんだり受験勉強をしたりとバランスを取りながら、適度に無理をしない範囲でがんばっていきましょう。

« | メイン | »