こんばんは、yukilaです。

こんばんは、yukilaです。
実験室で3徹夜目です。

連休中に600体のおたまじゃくしの遺伝子型の解析と
組織の固定を終えたいと思っています。


今回はお金の話に反応し登場しました。
サトルさんが返事書いちゃってるのについつい、私も言いたいことが!って、
すぐメールを書き出してしまいます。ごめんなさい(-"-;)
(ぶっちゃけ、メールを書いてからサトルさんの返事部分を見てますし。。。)

ちなみに私は親も学費を出せなかったので、
学部時代は銀行と学生支援機構(旧・育英会)の奨学金に頼っていました。

学部時代の学生支援機構の奨学金は親の収入によって、採否が決まりますが、
大学院からは自分のアルバイト収入等のみの申請で親の収入は選考の対象にはなりま
せん。

大学院の学費を考える点でこの辺が結構重要です。

ただし、担当教官の推薦書が要ります。
判を押してくれる先生のところじゃないと(-"-;)

学生の収入源(?)はアルバイトと、この奨学金関係ですが、
通知されている学費と4月の生活費からの予想で
学生支援機構の第2種の最高額を借りれば、
生活費も含め、親に頼らずに済みそうです。
(自分も今、博士前期1年なので「予想」です)

あとは、研究内容と研究室の先生しだいでしょうかね。
高山調査のある学生だったら、高山の装備をそろえたり。。。

学会発表は修士卒業までに1度は経験すると思いますが
私の場合、昨年、学会での口頭発表を経験したのですが、
交通費など先生が出してくれました。
もちろん、出さない先生のほうが普通だと思いますが。

学部からこつこつ貯めている必要がありますね。
あとは就活費用か(;¬_¬)


では!
3日目で肌荒れが気になりだしたyukila
実験楽しいです。





« | メイン | 今日のメールを読んで感じたことを書きます。 »