遥 さん

ご無沙汰してます。遥です。
Hさんのメールを見てすごく共感したのでメールしました。
私はHさんほど東大に近いわけでもなく、むしろ相当努力が必要なところにいます。
それでも、こんな私でも無気力になってしまうことがあります。
特に1月~3月のはじめくらいまでは本当に自分自身で心配してしまうほどでした。
いろいろ考えてみました。
結果、思ったことは二つ。
一つ目は先を見すぎて今が見えていなかったということ。
部活の引退時期が近づき、いろんな意味で不安定でした。
部活に気が向いてしまい、完全に勉強意欲が薄れていたんです。
二つ目は勝手に孤独を感じてしまったこと。
私の場合、両親は理Ⅲ受験に対してあまりよい顔をしておらず、勝手に外に対するプレッシャーを感じてしまっていたのだと思います。

結局、自分ときちんと向かい合えてなかったのだと思います。
「受験は自分との戦い」とよく言いますが、その意味が少しずつわかってきた気がします。自分の中には敵もいますが、味方になってくれるのも自分なんだなあ、と思います。

また、これを機にもう一度、両親と話し合い、少しずつ理解してもらえるようになりました。
「あなたは、あなたの好きな道を行きなさい」という父の言葉を胸に、しっかり進もうと思いました。
来年、Hさんと一緒に理Ⅲに入れるように私も頑張ります!!
いろいろ長く書いてしまいましたが…よろしければHさんにお伝えください。
では。





« キューブ さん | メイン | »