~理系頭に優しい古典文法~ 【敬語(3)】

□敬意の方向
 ①地の文の場合
   尊敬語 … 筆者 → 動作をする者
   謙譲語 … 筆者 → 動作を受ける者
   丁寧語 … 筆者 → 読者

 ②会話文の場合
   尊敬語 … 話し手 → 動作をする者
   謙譲語 … 話し手 → 動作を受ける者
   丁寧語 … 話し手 → 聞き手
  
 上のまとめでわかるように、

  まず、動作をする者が身分が高い場合、筆者(あるいは話し手)は、尊敬語を
  用いて敬意を払う。つまり、尊敬語は「誰が」に対する敬意なのである。

  これに対して、動作をする者は身分が高くなく、その動作を受ける者が身分が
  高い場合、筆者(あるいは話し手)は、謙譲語を用いて敬意を払う。つまり、
  謙譲語は「誰に」に対する敬意なのである。

  また、身分関係と無関係に、「筆者→読者」,「話し手→聞き手」への敬意を
  払う語が、丁寧語になる。

  そして、留意したいのは、「敬意の発生源」は、尊敬・謙譲・丁寧のいずれの
  場合であっても、すべて”筆者(あるいは話し手)”からになることである。
  要するに、敬語とは、話題に上っている世界について、
      第三者の立場にいる”筆者(あるいは話し手)”が
      動作をする者や受ける者の身分関係を考慮して使用する言葉
  なのである。


□敬語の特殊な用い方

 ● ニ方向への敬意
    一つの動作に対して、動作をする者と動作を受ける者への両者に対して、
    同時に敬意を表す。この敬語表現は、筆者(あるいは話し手)にとって、その
    動作をする者と動作を受ける者とが、ともに敬わなければならない時に用いる。

   [例1] (かぐや姫は)いみじく静かに、公に御文 奉り たまふ。 [竹取物語]
      現代語訳:(かぐや姫は)たいそう静かに、天皇にお手紙を差し上げなさる。

     ★ この例では、
        ”かぐや姫が天皇にお手紙を出す”という一つの動作について、
       「奉り」,「たまふ」というニつの敬語が用いられている。
        こうすることで、動作をする者であるかぐや姫と動作を受ける者である
       天皇の両方に対して同時に敬意を表しているのである。
       
        奉り  … 本動詞としての用法。「与ふ」の謙譲語。物語の筆者が
               お手紙を出したかぐや姫を低めることによって、お手紙を
               受け取る天皇を敬った表現。

        たまふ … 補助動詞としての用法。尊敬語。物語の筆者が、天皇に
               手紙を出すかぐや姫を敬った表現。

   [例2] (北山の僧都が尼君に話しかけている会話文)
        「この世にののしりたまふ光源氏、
                かかるついでに見 たてまつり たまは むや」 
[源氏物語]
      現代語訳:「この世に評判の高くていらっしゃる光源氏様を、
                    このようなついでに見申し上げなさいませんか。」

     ★ この例では、動作をする者は尼君で、動作を受ける者は光源氏である。

        たてまつり … 「見る」という動詞についた補助動詞。謙譲語。
                 僧都が尼君に言った会話文に用いられているので、
                 話し手である僧都が、「見る」という動作をする者である
                 尼君を低めることによって、動作を受ける者である源氏を
                 敬った表現。

        たまは … 尊敬の補助動詞で、話し手の僧都が動作をする者である尼君
               を敬った表現。


 ● 二重尊敬
    尊敬の言葉を二つ重ねて用い、動作をする者に対して特別高い敬意を表す。

   [例] (帝が)御覧じて、いみじう驚かせ たまふ。      [枕草子]
      現代語訳:(帝が)ご覧になって、ひどく驚きになる。

    ★ この例では、「せ」という尊敬の助動詞と「たまふ」という尊敬の補助動詞が
      二つ重ねて用いられている。

     注)会話文の中では、身分の高くない人に対しても、この表現を用いること
       がある。これは話し手が、話題にのぼらせる人物を重要視して敬うことが
       あるからなのだ。


 ● 自敬表現
    天皇などの高貴な身分の人が、自分自身を高めるために用いる表現で、
         ・ 自分の動作に尊敬語を用いる場合
         ・ 相手や第三者の動作に謙譲語を用いる場合
    とがある。

   [例] (帝は)「① 汝が持ちてはべるかぐや姫奉れ。
            ② 顔かたちよしと聞こしめして、
            ③ 御使ひを賜びしかど、かいなく見えずなりにけり」と
       (翁に)仰せらる。                      
   [竹取物語]

      現代語訳:(帝は)
        「① お前が持っているかぐや姫を献上せよ。
         ② 容貌が優れていると聞いて、
         ③ 御使いをつかわしたが、その甲斐もなく会う事ができなかった」と
       (翁に)仰る。

    ★ この例で、天皇は、竹取の翁に語るのに、
       自己の行為に、尊敬語(②の「聞こしめし」及び③の「賜び」)を用いて、
       相手である翁の行為に、謙譲語(①の「奉れ」)を用いている。
      これらはすべて、天皇から天皇自身に対する敬意の表現である。





« 1日のスケジュール | メイン | ~不思議さいえんす・高校生物講座~ 【細胞の構造とそのはたらき(5)】 »