~理系頭に優しい古典文法~ 【敬語(1)】

□古文では、なぜ敬語を学ぶことが重要なのか?
 古文の最大の特徴は、「主語がない」ということにある。
 古文では、敬語の丁寧さが何段階にも分かれていて、主語がなくても不自由が
 なかったからだ。主語を特定するために、敬語の使い方のマスターが必須である。

□敬語の種類
 ① 尊敬語 … 高位の人を持ち上げることにより、高位の人を敬う動詞表現
     ★<原則>尊敬語の9割は、「す」で終わる。
         [例] 「あそばす(~なさる)」,「思す(お思いになる)」、
             「聞こす(お聞きになる)」,「召す(お呼びになる)」など
     ★<原則の例外>
        ただし、「す」で終わるもののうち、次の5つは謙譲語!
         ・申す…申し上げる
         ・奏す…帝に申し上げる(現代も「上奏」という言葉が残っていますね)
         ・啓す…中宮に申し上げる
         ・聞こえさす…申し上げる
         ・参らす…差し上げる

 ② 謙譲語 … 低位の人をへりくだらせて、高位の人を敬う動詞表現
     ★「腰が低い」イメージの語は、謙譲語だとおさえましょう。

 ③ 丁寧語 … 会話なら聞き手、本や手紙なら読者を敬う動詞表現
     ★「侍り」と「候ふ」の2語しかありません。
      ただし、「侍り」,「候ふ」ならば、それらは必ず丁寧語であるわけではない。      





« ~理系頭に優しい古典文法~ 【助動詞のおまけ】 | メイン | 確率分野学習の参考書 »